「春のジャケット」の歌詞 麻生しおり

2008/11/5 リリース
作詞
伊藤薫
作曲
伊藤薫
文字サイズ
よみがな
hidden
八時はちじのバスに うように
いそいでドアを めたあなたと
言葉ことばひとつが わせなかった
それがくやしい 初雪はつゆきあさ
あのひとが いなくなる
なんておもいもしなかった
今度こんど季節きせつのために
あなたがえらんだ ジャケットは
とうぶんられるように
すこ地味じみいろにしたね
何年なんねん使つかうつもりで

十年前じゅうねんまえ笑顔えがおのままの
あなたの写真しゃしん にくらしいけど
すこふとった いまのわたしを
せてあげよか そらかって
人生じんせい色々いろいろ
うたうたっているように
一度生いちどうまれわって
おな運命うんめいってても
かならずあなたの姿すがた
さがしだしてつけたして
おもいきりきしめるから

今度こんど季節きせつのために
あなたがえらんだ ジャケットは
とうぶんられるように
すこ地味じみいろにしたね
何年なんねん使つかうつもりで