「上弦の月」の歌詞 黒うさP,KAITO

2013/3/6 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
花道はなみちうすらして
木細工ぎざいく おとかなでた

あでやかな上弦じょうげんつき
くもえた かさもないのに

あさがきてそれがはる霜解しもどけのよう
てついたこいがいつか あつながれるならば

わらないあめなかきしめて
貴方あなたこたえをかくしているのなら

わらないこえでどうかささやいて
こわれたこころをせめてつつんで

かたむいた気持きもちはやがて
秘密ひみつばかりやしてたこと

またひとつ「わらないで」と
ほほべにくずしてたこと

つづあめがやがてあらながした
あざやかないろけたゆき椿つばきよう

仮初かりそめゆめがいつかめたなら
貴方あなたさがして何処どこへとすすむだろう

ささやかなねがごとをしたことも
見渡みわた景色けしきわすれてくだろう

はるとおはなれてそれはとてもはかな

過去かこ現在いますべてを
たくしていくなら

わらないあめなかきしめて
貴方あなたこたえをさがしているのなら

雪椿ゆきつばき あかまるはなびらに
今宵こよいあずけてまよつづけた