1. NeEDLESS歌詞

「NeEDLESS」の歌詞 黒夢

1997/6/27 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
かぞえれるほど わずかなコインにぎって
自由じゆうまちかう列車れっしゃってた

ぼくしつけて
はなそうともしない
昔話好むかしばなしすきな
大人おとなからげたくて

Needless 理解りかいもない 第三者だいさんしゃ言葉ことば ぼくかんすること くちはさむのがきらいで

ちるころ 目当めあての場所ばしょうたった
おもえがいていた感触かんしょくとズレはじめる

べつ有力者ゆうりょくしゃ
あのころぼくより
高価こうかをつけたがる
裏心振うらごころふみだ

Needless 野心やしんもない 第三者だいさんしゃ空気くうき ぼくかんすること まるで人事ひとごとだね
Needless 必要ひつようない なのにさわてる ぼくいやがること もっとおぼえてしかった

ゆめをごまかして
わすれたりしてる
くもわるくもない
単調たんちょう毎日まいにち

Needless 何時いつになれば 自由じゆうべるだろう ぼくわないもの Ah えてしい
Needless 関係かんけいない 第三者だいさんしゃかるぼくかんすること くちすのがえられない