「キミが光であるために」の歌詞 黒子テツヤ(CV.小野賢章)

2012/5/23 リリース
作詞
こだまさおり
作曲
宮崎誠
文字サイズ
よみがな
hidden
存在そんざい意義いぎはなんだ? めれば理由りゆうになる
キミとボクとが出会であえば その理由りゆうはきっと希望きぼうになる
りないものかぞえて 不甲斐ふがいないのも自由じゆう
だけどつまらないかおして おもったより正直しょうじき

ボクたちはひとりだって 頑張がんばっていたかもしれない
うまれる可能性かのうせいがあること ずっとらずに

キミのひかりつよいほど ボクは自由じゆうになれる
しあえるちからで ここで、ここで、たしかに
キミが自由じゆうになるほど ボクのかげ際立きわだ
それは奇跡きせきにもけない つぎがかりとべる

きなことだから余計よけい きらいになったもあるよ
こころがザラつくワケは いつだってちゃんとこころにある
なに大切たいせつなのか それぞれちがうとしても
べつめたりはしないね 自分じぶんらしくおたがいに

ボクたちは1人ひとりずつが 精一杯強せいいっぱいつよくなろう
よりおおきなちからをあわせる 明日あすになるため

目映まばゆいくらいのスピードで いきをのむようなプレイで
もっとわたしあえるんだ ここで、ここで、かなら
役割やくわりはひとつじゃない ふかめてたかめてもっと
それはいつよりもボクらしい そんな手応てごたえがあって

キミのひかりつよいほど ボクは自由じゆうになれる
しあえるちからで ここで、ここで、たしかに
キミが自由じゆうになるほど ボクのかげ際立きわだ
それは奇跡きせきにもけない つぎがかりとべる