「同じバニラの風の中」の歌詞 黒子テツヤ(cv.小野賢章),火神大我(cv.小野友樹)

2012/8/29 リリース
作詞
こだまさおり
作曲
ダガシカシ
文字サイズ
よみがな
hidden
つかれたからだほどくバニラとかぜと、キミとかたったゆめ
いつか約束やくそく場所ばしょこう

部活帰ぶかつがえりいつものみせ 窓際まどぎわせきすわって
いろんなはなししたりだまったり バニラシェイクみながら
ボクは気配けはいをひそめ キミをおどろかせてしまう
このころそれも あたりまえになって
チームメイトらしくなってきた

偶然ぐうぜん出会であいかもしれない
だけど必然ひつぜんしんじてもいいよな
そしてボクたちは いま精一杯せいいっぱい
あせぬぐうこともわすれそうに

放課後息ほうかごいきまるくらいのねつむねながんで
真夏まなつひかりのような明日あしたをのばした
つかれたからだほどくバニラとかぜと、キミとかたったゆめ
いつか約束やくそく場所ばしょこう

オレたちが目指めざ頂上ちょうじょう 容易たやすいワケなどない現状げんじょう
every day いつも every time ずっと
足掻あがいてみがいてまずは向上こうじょう
なつまえちがうんだって
それはみんなおなじだって
だからもっとつよくなって けてつさ何度なんどでも
弱点強化不安解消じゃくてんきょうかふあんかいしょう 一日いちにちずつ完全燃焼かんぜんねんしょう
気合きあれて 気持きもれて
昨日きのう自分じぶんにまずは快勝かいしょう
あせるだけじゃダメなんだって
きっとひとつひとつつかむんだって
明日あしたもっとべる自分じぶん あとになってづくから
きっとなれるから

偶然ぐうぜん出会であいかもしれない
だけど単純たんじゅんしんじてもいいよな
そしてまた今日きょうも オレたちはひたすら
あせぬぐうこともわすれている

放課後走ほうかごはしるコートのうえわすおもい、つたわるのは
言葉以上ことばいじょうつよぐなキミのこえ
やめなくてかったと素直すなおえるいまがうれしいんだ
全部意味ぜんぶいみがあるってわかるね

二度にどとないこの季節きせつおなかぜなか
くやしさもえてく
仲間なかまたちと一緒いっしょ

放課後息ほうかごいきまるくらいのねつむねながんで
真夏まなつひかりのような明日あしたをのばした
つかれたからだほどくバニラとかぜと、キミとかたったゆめ
それははじまっている
もうすぐそのとき
きっと約束やくそく場所ばしょこう