「真実-The light lasting-」の歌詞 薄桜鬼 雪華録 ED 黒崎真音

2011/8/10 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
最後さいご一頁いちページ
一緒いっしょむかえられたら
やさしいかりが
むでしょう

いのちはじまりは あいあふれて
かがやきをつなわすように
よろこびのうた かたいでゆくともしび
たたか
ひかりさがしながら

かがや夜空よぞらかぶ星座見上せいざみあげて
おもうつくしき日々ひび
ちいさな星屑ほしくず
追憶ついおく彼方かなた

何時いつまでもともつづける
月日つきひ無情むじょう明日あすえながら
すべうばっていくのだろう
ときても はなさず
そばにいるとちかうよ

しんじてきたものを
つらぬためだれかを
幾度傷いくどきずつけてきたんだろう

ふかねむりにつくその瞬間しゅんかんまでに
出口でぐちえないくるしみを
背負せおいながら自分じぶんあしあるいていく
それがぼくらにひとつのこされていた
真実しんじつ

このがたとえ千切ちぎれても
それは「さよなら」なんかじゃない
しんじた現在いま永遠とわわる
つづいてく 普遍ふへん物語ものがたり

かがや夜空よぞらかぶ星座見上せいざみあげて
おもうつくしき日々ひび
最後さいごページきみ名飾なかざろう
たしかにこのきていたあかし
月日つきひ無情むじょう未来みらいえていっても
朝日あさひなか ぼくらはきる
ときても はなさず
そばにいるとちかうよ
ほしまたたかぎ