1. 風花-The whisper of snow falling-歌詞

「風花-The whisper of snow falling-」の歌詞 薄桜鬼 雪華録 ED 黒崎真音

2011/8/10 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
風花かざはな
かたならながめてる
ばせば とど距離きょり
もどかしくおも

視線しせんかさなる度感たびかんじる
この胸騒むなさわぎはなんだろう
うつむいて言葉ことば んでは
素直すなおになれずにまた
かじか手握てにぎりしめた

こんな気持きもはじめてったんだ
あなたと出逢であったから
どうしてだろう
らせばらすほど
あなたしか えなくなる

このまま何時いつまでも
ひとりきりのようがしてた
そんなぼくやさしく何度なんど
わらいかけてくれた

時代じだい景色けしきなにもかもが
すべうつわりゆくけど
おな季節きせつえた奇跡きせき
久遠くおんよるえても
せないとしんじてる

ゆきようけが眼差まなざしで
あなたをつめてたい
このおもいを
しろ風花かざはなせよう
あなたへと つながるように

運命うんめい何時いつ
無情むじょうにやってきて
おだやかな日々ひびもいずれえゆく
二度にどえない この瞬間しゅんかん
したかさねて
いまつたえたくて…

「あなたが…微笑ほほえたび
世界せかいひかりあふれていく
何処どこにいてもその笑顔えがおくもらぬように
となりにいさせて」

こんな気持きもはじめてったんだ
だれかをおも幸福しあわせ
永久とわつむおもいを風花かざはなせて
あなたまで とどけるから
わらないでいて…」