「黎鳴-reimei-」の歌詞 薄桜鬼 黎明録 OP 黒崎真音

2012/8/8 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
もう、もどれない
あの日々ひび恋焦こいこがれても
もうひとつだけ
のこされたみちがあるとしたら
そう、此処ここにある
信念おもいむねともせばいい
浅葱あさぎ夕闇ゆうやみに、ちゆく希望ひかり

黎明れいめい三日月みかづき
れた明星あけぼし
時代ときめぐっても
こころおくで、んでいる

はる彼方かなたで、ひび声明こえ
しんじたちぎりつらぬ
なが追憶ゆめまたたきを
このきざんで
けゆくそらに、心向こころむければ
いたみの本意いみ気付きづくだろう
色褪いろあせない閃光かがやき
いて、くろやみ
あるすよ

そう、かなしみは
幸福しあわせ隣合となりあわせに
そうのぞむなら
慟哭どうこくなみだぬぐいたい
そう、虚無むなしさの
さきにある真実しんじつつめて
闇雲やみくもに、まどわされぬように

にぎりしめたてのひら
れる面影おもかげ
みみおく木霊こだました
声音こわねは、わらぬまま

この胸叩むねたたき、このして
何度なんどあがるから
ける疾風はやてのように
いつもそばにいて
わらいかけてた、一人ひとりじゃないと
最期さいごまでたたかつよさを
忘却わすれない、こころちかった
希望ひかりをずっと
やさないよ

さくら
刹那せつなあいもとめて
生命震いのちふるわせ
だれかをおもいたい
まもりたい、れゆくまで

今始いまはじまる、物語ものがたり
何度なんどほこるため
なが追憶ゆめまたたきを
いかけつづける

はる彼方かなたで、ひび声明こえ
まよくだき、てん
なが追憶ゆめまたたきを
このきざんでく
けゆくそらに、心向こころむければ
使命すべて本意いみ気付きづくだろう
色褪いろあせない閃光かがやき
いて、とお未来あす
あるそう