「はさみ」の歌詞 黒木渚

2013/10/16 リリース
作詞
黒木渚
作曲
黒木渚
文字サイズ
よみがな
hidden
まもるすべをらなくて
しのはさみをした
にぶひかった表面ひょうめん
本当ほんとうわたしうつっている

あなたにける勇気ゆうきいが
気休きやす程度ていどになるだろう
憂鬱ゆううつたぐいをいてしまえば
りんとしてってられるのに
じるこころさえいてしまえば
大胆だいたんきてゆけるのに

つめたいはさみ 背中せなかてれば
あのおなじトリハダ
つめたいはさみ 背中せなかてれば
何故なぜだろう火傷やけどよりもあつ

交差こうさする二本にほん
なかできつくえば
暗闇くらやみでさえもける
うつくしいひとつのはさみになる

あなたは返事へんじをくれるでしょうか
身勝手みがってわたしもう
感性かんせいたぐいをひらいてければ
真夜中まよなか正気しょうきでいれるのに
あなたとついをなして世界せかいれば
完全かんぜん」になれるがするのに

つめたいはさみ 背中せなかてれば
あのおなじトリハダ
つめたいはさみ 背中せなかてれば
何故なぜだろう火傷やけどよりもあつ

まもるすべをらなくて
しのはさみをした

何故なぜだろう

つめたいはさみ 背中せなかてれば
あのおなじトリハダ
つめたいはさみ 背中せなかてれば
何故なぜだろう火傷やけどよりもあつ