「カルデラ」の歌詞 黒木渚

2013/3/20 リリース
作詞
黒木渚
作曲
黒木渚
文字サイズ
よみがな
hidden
最低さいていだ」とおもいにてよ
わたしがもがくのをていなよ
わかうしなっても 酸素さんそうしなっても
かなら目印めじるしでいるよ

なんでどうして めるとき屈辱くつじょくよる
みだれなくきる 頑丈がんじょうわたしですよ?

るのはいつも こんなタイミング
ブラックな事件じけん ちわびるように

おなけて ちてきたあなた
えたらなとおもったのは ほんの出来心できごころ

あなたが胎内たいない宿やどしたものにさえ
わたし幸福しあわせいのったよ
だれものまえなげくこといとわず
ぶちまけてしまうくらい
かなしいよ

最高さいこうだ」とおもいにてよ
わたし渇望かつぼうたしてよ
あたまめきっている 感覚かんかくころしている
わたし沸騰ふっとうさせてよ

なんでどうして いつのときもペンをにぎ
かろやかな言葉ことば ほっしている さがしている

でもるのはいつも どく はり やみ
ブラックな事件じけん ちわびるように

おなけて ちてきたあなた
えたらなとおもったのは ほんの出来心できごころ

あなたが胎内たいない宿やどしたものにさえ
わたし幸福しあわせいのったよ
だれものまえなげくこといとわず
ぶちまけてしまうくらい
かなしいよ

あなたが胎内たいない宿やどしたものにさえ
わたし幸福しあわせいのったよ
だれものまえなげくこといとわず
ぶちまけてしまうくらい
かなしいよ

最高さいこうだ」とおもいにてよ
わたし渇望かつぼうたしてよ
あたまめきっている 感覚かんかくころしている
わたし沸騰ふっとうさせてよ

最低さいていだ」とおもいにてよ
わたしがもがくのをていなよ
わかうしなっても 酸素さんそうしなっても
かなら目印めじるしでいるよ