「クマリ」の歌詞 黒木渚

2013/3/20 リリース
作詞
黒木渚
作曲
黒木渚
文字サイズ
よみがな
hidden
見開みひらいた水牛すいぎゅう 反射はんしゃする水晶体すいしょうたい
がくにはだい3の 盲目もうもくかみ

かしづいた村人むらびとは ひたすらに意味いみ
まつげよ 盛大せいだい
それでこころやすまるのなら

クマリであるわたし
人々ひとびと見下みくだわたしだれ?
なにしくてつどうのか
ホントはわたしこそりたくて

そらはなたれた意味深いみしん言葉ことば
きだしてうつむいたかない子供こども

いやしめる民衆みんしゅう あしつた初潮しょちょう
がくにはだい3の 盲目もうもくかみ

きずりおろす愚民ぐみん
玉座ぎょくざうしなひとになる
るぎないあの崇拝すうはいが このわりよう

クマリをわたし
神殿しんでんうばったあのだれ?
芽生めばえたざわつきはもしかして
感情かんじょううものかしら

あまさをめたココナツのから
こじけてみほしたかない子供こども

クマリをわたし
神殿しんでんうばったあのだれ?
芽生めばえたざわつきはもしかして
感情かんじょううものかしら

あまさをめたココナツのから
こじけてみほしたかない子供こども