「遠い約束」の歌詞 黒沢薫

2005/10/12 リリース
作詞
相田毅
作曲
黒沢薫,妹尾武
文字サイズ
よみがな
hidden
いくつかあめとおきみ
はじめて言葉ことばぼく何故なぜ なつかしいの
かたちないもの ひともとめたがるから
不安ふあんあいめて それにみな しばられる

別々べつべつまちから 別々べつべつみちへと
あるきだした二人ふたりおなゆめ いま

とお昔交むかしかわした 約束やくそくのように きみはここにいる
いまきざみたい この右手みぎてはなさない
まよったなら おもせばいい
ぼくを このぬくもりを

言葉ことばはいつも おもいにはりないから
きしめるつよさだけ 恋人こいびとしがるね

何気なにげない1日いちにち それが運命うんめいになる
そして人生じんせい意味いみ いま きみさずかったよ

とお彼方かなたまで約束やくそく羽根はねぼくせていく
(はるかなそら)
せつないむねいとしいむね かさねたい
こころこころうのさ
(そっと) (つよく)
めぐりえたと

そらつらなる くもかげ かぜかたち
見上みあげるきみの そのかみ
まれ とけていく

とおこえみちび約束やくそくのように ぼくはここへ
透明とうめい過去かこ名前なまえもない あのえき
ぼくきみ出逢であっていたことを
(きみは) (ぼくと)
おもしたよ

とお昔交むかしかわした 約束やくそくのように きみはここにいる
(はるかなみち)
いまきざみたい この右手みぎてはなさない
まよったなら おもせばいいさ
(すぐに) (ぼくを)
このぬくもりを

よるけて ざしがまれてく
あたらしい そら