「耳をすませて」の歌詞 黒沼英之

2013/6/26 リリース
作詞
黒沼英之
作曲
黒沼英之
文字サイズ
よみがな
hidden
ほしひかりだけたよりに
こころみみをすませよう
むずかしいことはすこわすれて
おもいをゆだねよう

まちても部屋へやにいても
ひとりぼっち おなじこと
だってまずぼくぼく見失みうしなってる

やりたいこと ほしいものは
ずっとシンプルだったはずで
えるばかりかざるばかり
えなくなってしまう

いろんなことをひとがいるよ
ぜんぶ本当ほんとうのようで
うそにだってなる

ほしひかりだけたよりに
こころみみをすませよう
むずかしいことはすこわすれて
おもいをゆだねよう
本当ほんとう大事だいじなものは
かぞえるほどしかないから
そのひろげてきしめるだけで
まもることが出来できるんだよ

いろんなことがざってくるよ
かなしみもいかりも
ひとつのせんになってく

つめたいかぜだけたよりに
こころみみをすませよう
きみのなかのゆずれないものが
そこにはちゃんとあるよ
言葉ことばこころじゃないから
うそだってつけるけれど
むねってわらっていたいなら
わがままになっていいんだよ

ほしひかりだけたよりに
こころみみをすませよう
むずかしいことはすこわすれて
おもいをゆだねよう