1. 雨宿り歌詞

「雨宿り」の歌詞 黒沼英之

2014/2/5 リリース
作詞
黒沼英之
作曲
黒沼英之
文字サイズ
よみがな
hidden
雲間くもまからのぞくあおはる
旅立たびだちのときをっている

れておくれ
その木陰こかげ
あめむまででいいよ
いつかおなゆめたな
きみおぼえてる?

れたらもうきみはいないけど
ぼくのシャツもやがてかわくだろう
かなしむことなどないのです
またきっとえるよ
雨宿あまやど

あらいたての太陽たいようわら
みずたまりはそらえがいた

せておくれ
そのねがいを
くだらなくたっていいよ
いまおなゆめてる
ぼくわれずに

すごいスピードで
くもかたちえていく
ぼくもそんなふうにいられたなら
きみまもれたかな

こらえたなみだがいつか
とおくのまち雨降あめふらせるだろう
約束やくそくなんてしなくていいよ
荷物にもつすくないほうがいい

れたらもうきみはいないけど
ぼくのシャツもやがてかわくだろう
かなしむことなどないのです
またきっとえるよ
雨宿あまやど