「ラストバトル」の歌詞 黒魔(じたばたP),鏡音リン,初音ミク

2012/3/14 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
冒険ぼうけんわり 最後さいご きたえてそだてた ちから
自分じぶんしんじて すするがないつよこころ

わすれたい過去かこして げながら すすんできた
けることがこわかった 現実げんじつてなかった

現実げんじつこわみんな
ぼくこと
にたい にたい にたい にたい
どうせきる価値無かちな
みにく劣等感れっとうかんきたな嫉妬しっとぼく
ぼくぼくぼくさるんだ

ラストバトル はない
められ からだふる
さけんだ 子供こどものように
さけさけたすけをんだ
だれない かないふり
ぼくはとても くやしくなった
自己嫌悪じこけんおつぶされそう
ぼくはずっと みみふさいだ

ぼくはいつもひとりきり ひとれなかった
自分じぶんからこもって 仲間なかまなんていなかった
自分じぶんえたいけれど こわくて手足てあしふる
一歩いっぽせなくて なみだがころんとちた
だれかとわらいたかった だれかとあそびたかった
暗闇くらやみなかでずっと たすけをしがっていた
そんな時君とききみぼくに 「わらってみたら?」とった
偽善者ぎぜんしゃぶった素振そぶりに
ムカついてきみばした

ラストバトル からなかった
はげましだって うそこえた
ねじがった こころなか
本当ほんとうはもっと はなしたかった
ごめんなさい ごめんなさい
あやまっても もうおそかった
自己嫌悪じこけんおけないように
ぼくうたった らるらるらりら

もういやだよ いやなんだよ
ぼくちかった ひとりできる
かなしくても きたくても
ぼくたすけなんて いらない
気持きもちがきゅうかるくなった
なやごとが ぱちんとえた
もうまえかべはなかった
一人ひとりぼっちの ラストステージ

たのしかった日々ひびなんてかった
くるしい毎日まいにちつづいていた
まわりにはてきがたくさんいた
みちなんてどこにもかった
うしろをたらおおきなぼく
わらいながらぼくていた
これが最後さいごてきだとって
ぼくこわくてすぐにした

自分じぶんてない 自分じぶんてない
あまえてばかりで駄目だめ 駄目だめ 駄目だめ 駄目だめ
無理無理無理無理むりむりむりむり 出来できない 出来できない
たおちからなど
みにくぼくこころが ズルいかたぼく
くさったぼく根性こんじょう きたな嫉妬しっとぼく
ぼくぼくぼくさるんだ

(はい! 1ワン2トゥ3スリー! れつごー!)

ラストバトル はない
められ からだふる
さけんだ 子供こどものように
さけさけたすけをんだ
だれない かないふり
ぼくはとても くやしくなった
自己嫌悪じこけんおつぶされそう
ぼくはずっと みみふさいだ