「東京元年」の歌詞 0 SOUL 7

2010/8/25 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
出会であいは次第しだいひとかこ芽生めばえたやさしさで仲間なかままも
でも月日つきひ足早あしばやながされそうになるけど

かざったさわやかな自分じぶんうらひそんだ窮屈きゅうくつなオレがイラ
っちまいそうなたましいあせる まだセーフ でも不安ふあん雁字搦がんじがら
山場越やまばこえれば、、、とあまこたえはねじせられんだ 東京とうきょうそらしたじゃ
でもえる ひとささえにかされてる それが人生じんせいかなめ

傷付きずつきずつけることかえし わずかな成長せちょう
なのにのぞかれることない 不安ふあんにさらに不安ふあんかさねていく
きてる現実げんじつ自分じぶんさえも わからずたまらず ここを
でも うずくまったまんまの背中せなかをたたいてくれる 家族かぞく笑顔えがお

んだあしつよく まだとお地平線ちへいせん 過去かこうつくも隙間すきまける太陽たいよう
まえうならオレはけるどこまでだって そんな奴等やつらけるがする 出会であいは道標みちしるべ

東京元年とうきょうがんねんから意地張いじはった一人相撲ひとりずもう てきえたどいつもこいつも
都合つごうよくながされては途方とほうれ「つれぇ」でも我慢がまんしてた
ずっときずっている過去かこうらみ ひでぇらしにてそうなゆめはゆらぎ
それでもあきらめきれぬオレがいた つらぬ覚悟かくごめたときだった

不安ふあんなみだあらながそうと もがきくるしんできた5年間ごねんかん
自分じぶんすべてでたよっていいんだって ぬくもりでおれささえてくれた
くるしいよ」ってべたきびしくもやさしくつつんでくれた
「これがおまえ」という言葉ことば いまおれ自信じしんえた

んだあしつよく まだとお地平線ちへいせん 過去かこうつくも隙間すきまける太陽たいよう
まえうならオレはけるどこまでだって そんな奴等やつらけるがする 出会であいは道標みちしるべ

リリースまった報告ほうこく えた感謝かんしゃ意思いし
「あんた、がんばったんだね」にきゅうにあふれなみだにこらえ
オレはじめてえた「いままでごめん、ありがとう」きっと心配しんぱいつづ明日あした
つよ言葉ことば似合にあっていたい 頑張がんばろうと電話でんわこえちか

んだあしつよく まだとお地平線ちへいせん 過去かこうつくも隙間すきまける太陽たいよう
まえうならオレはけるどこまでだって そんな奴等やつらけるがする 出会であいは道標みちしるべ