「28日目の月」の歌詞 0.8秒と衝撃。

2009/10/7 リリース
作詞
塔山忠臣
作曲
塔山忠臣
文字サイズ
よみがな
hidden
写真しゃしんなかうつわらったかおきみ
ぼくはなしかけてる 最後さいごはなえて

すべてわすれてえる あの記憶きおくさえも
はいなかつけた きみとの時間じかんさえも

せんときかぞえて もうすべてわったよ
アスファルトにひかった ガラスの破片はへんひろ

出口でぐちのない迷路めいろゆめもないぼくなんて
あいしてくれるひとなに出来できないなんて

こえしてんでみた きみ名前なまえきみひとみいろ
さびしさにもえてみた 自分じぶんころして
ゆがんでれる景色けしき きみきないろ ぜてみようか
あいするひとなみだ 一粒ひとつぶとして

あたまなかぼく我慢がまん出来できないこえ
バランスがくずれても だれぬふりさ
本当ほんとうことなんて もとめちゃいけないのさ
あかいシャツを羽織はおって れた花束はなたば

モノクロの風景ふうけいにも あそんでるきみぼく姿すがた
時間じかんるまで まだあとすここう
りそうなおも こころなかにそっとしまいんで
きみわらった写真しゃしん そっと をつけた。