「おはし」の歌詞 ジャングルはいつもハレのちグゥ ED 0930

2001/9/26 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
なつだっていうのに こんなにも肌寒はだざむあさ
あきれるほどにさえないやついまここにちつくしています
やさしい友達ともだち わらってはなしかけてくれるのに
適当てきとうにあいづちってまたやりごしている

大好だいすきだった季節きせつはもうはじまっているんだけれど
やっぱりきみがいなければ どうにもこうにもいきません

すことおくのうみこうよ
度重たびかさなるいらだちをわすれてしまおう
どこまでもあおいこのうみ
ここんとこしょっちゅうながれてる なみだおなあじがするから

そう あからさまに つくりわらいなどしてみせる
そんな自分じぶんかなしくて むなしくて仕方しかたがありません
こころそこから 本気ほんきわらいころげたことなど
もういつのことだったのか おぼえていないくらいで

夕方ゆうがたぐらいからずっとつづ季節きせつはずれのあめ
天気予報てんきよほう裏切うらぎって 明日あしたはやんでくれないかな

きみ大好だいすきなうみこうよ
みつぶしてた大事だいじなものをひろいにゆくため
このひろうみくらべれば
いまわたしこころなど 本当ほんとうにちっぽけなのだから

だからどうこうってことじゃないけど
やっぱりきみだけが親友しんゆうなんでしょう
これからもいままでどおり ささえになってくれるなら
わたしこわいものなんてないから

ときにはきずつけったりしても
ずっとささってゆこうよ