「10年後」の歌詞 0930

2001/9/26 リリース
作詞
梅原恵里
作曲
梅原恵里
文字サイズ
よみがな
hidden
あるきすぎて いつのにかがった むらさきいろ靴下くつした
「ちょっとって」とまりなおしてる ぼく3歩先さんぽさきってる
またっては 左手ひだりてをつないで ふたたある
さきなんてめてないけれど いま これがしあわ

きみ意外いがいよわさや わらうとなくなってしまう
もう手放てばなことなんて できないよ 絶対ぜったい

どんなにあめたたきつけようが びくともしない屋根やねのように
きみまもっていくこといまここにちかいます
だからおねが10年後じゅうねんごも そのさきもずっと ずっと ずっと
ぼくだけのきみでいてくれませんか

さっきまであんなに わらってばかりいた そのせいなんだろう
かえりのバスのなか すっかりねむってる 子供こどもみたいなきみ
ぼくはここぞとばかりに じっときみかお いつまでもながめてる
なかしあわせってものがあるのなら いま まさにしあわ

きみによってぼくはじめて きるためのつよさや
わらことたのしさを ることができました

この先僕さきぼくきてゆくなかおとずれる不安ふあんくるしみも
きみがいてくれれば こわいものなんてないのだから
どうかおねが10年後じゅううねんごも そのさきもずっと ずっと ずっと
きみだけのぼくで ありますように