「バイクとサイドカー」の歌詞 14カラット(SKE48)

2013/1/30 リリース
作詞
秋元康
作曲
若田部誠
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくらは西にしへとかいはしっていた
きみせたサイドカー
ぼくのバイクで…

蜃気楼しんきろうれるようなながみち
ほこりっぽいかぜなかにセンターライン
ならんではしるだけでわかるんだ
まれたまちてても
いなんかないよ

荷物にもつなんにもせずに
あの部屋へやのこしたままで
あいかされした

ぼくらは自由じゆうおとひびかせてた
つよ日差ひざし ゴーグルそっとはずして
未来みらい見上みあげてみれば そらはひとつ
ただひたすらばすんだ
どこかへくさ

しろ羽根はねまわしている風車ふうしゃたちが
太陽たいよう反射はんしゃしながら時間とききざむよ
こころのその片隅かたすみ のことげ
わかさはいつも無謀むぼう
すべてにきずついた

だれにもわかれをげぬまま
っていえたのは
いつかはなしたゆめのせい

ぼくらは西にしへとかいはしっていた
左側ひだりがわのサイドカーにきみだけせて
だれよりちかくにいたくてえらんだんだ
目指めざ場所ばしょ永遠えいえん
いつかくだろう

タンデム以上いじょうにひとつになりたかった
きることって素晴すばらしい

ぼくらは西にしへとかいはしっていた
左側ひだりがわのサイドカーにきみだけせて
だれよりちかくにいたくてえらんだんだ
目指めざ場所ばしょ永遠えいえん
いつかくだろう

どこかへこう