「ゆっくりと消えた花」の歌詞 175R

2006/2/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆっくりとえたはな むねけるかぜ
すれちが日常にちじょうまるきみこえ

なにいグラウンドで二人ふたりかげ
すぐにわすれられたら きずつくこともなかった

きみぬくもりが 近付ちかづ鼓動こどう
けぬけたなつむねけてく
かがや季節きせつまった二人ふたり
もとめてる距離きょりつなげたら

朝焼あさやいろまる あののプールサイド
つくえにしまったままさきのない手紙てがみ

きみぬくもりが 近付ちかづ鼓動こどう
あせばむリズムが むねけてく
言葉ことばりない まった二人ふたり
おも すべてがれたなら

いつかの少年しょうねん はしきみ
こえかけられずにうつむいていた
あのかえろう このまま二人ふたり
ゆめなかでそう められたら
きみぬくもりが 近付ちかづ鼓動こどう
けぬけたなつむねのこ
かがや季節きせつまった二人ふたり
もとめてる距離きょりつなげたら