1. 君の左手歌詞

「君の左手」の歌詞 175R

2006/11/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
きみあるいていた
すこ背中せなかかがめて
茜色あかねいろまるみち
ほそ左手ひだりてとお

線路沿せんろぞいにえた
黄金町商店街こがねまちしょうてんがい
びたシャッターの行列ぎょうれつ
きみともした豆電球まめあかり

時間ときまらなくて
それもわかっていて
それでもどこかでってる
ひとがりの色褪いろあせぬ日々ひび

このむねからこのこえからあふすよ
めぐりゆく季節きせつ
きみこえきみゆめがかきされて
もうとどかぬこいうた

ほつれたいと辿たどれば
いつものわせ場所ばしょ
さびしくびる影法師かげぼうし
きみ足音あしおととおくなる

何度叫なんどさけんでみても
こえにならないくせに
いまもどこかでってる
ちいさなきみほそ左手ひだりて

このまちからこのそらからあふすよ
めぐりゆく季節きせつ
きみこえきみゆめがかきされて
もうかなわぬこいうた

このむねからこのこえからあふすよ
めぐりゆく季節きせつ
ぼくきみかがやいたがかきされて
もうとどかぬこいうた

いまじれば
右手みぎてのこぬくもり
茜色あかねいろまるみち
もうもどらないあき