「夏・ハナビ・17才」の歌詞 175R

2003/11/12 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
夜空よぞらえるあの花火はなび
さがしていたあのぼく
もっととおくまではしっていけば
いつきそうながして

なにもかもがいとしくて
きみかおつめてた

なにもなくてもきっとかった
くだらないこと二人ふたりわらえた
さびた自転車じてんしゃカギをなくして
はしゃいでるぼくらがいた

カギをさがことより
もっと大切たいせつなモノさがしてた

二人ふたりなつがやがておもわってくとき
とおそらながめたぼくらはわらえるのかな

二人ふたりった夏祭なつまつりで
ひとゴミのなかつないだ
はなさないように つよにぎった
ときまれとねがった

ながれていくくもつめ
なつわりかんじてた

すべてがうまくいくとおもったあのなつ
季節きせつわるように
ぼくらもわれるのかな

二人ふたりだけのひろうみ
夜空よぞら見上みあげてぼくらはわら
なにもかもがたのしくて二人ふたり花火はなびながめてた

どこまでもつづどお夜空よぞらした
時間じかんわすれたように
ぼくはしつづけた
すべてがうまくいくとおもったあのなつ
どこまでいかけても
とおくにえた花火はなび

二人ふたりわらいあった