1. ありあまる地上の憂鬱と喜び歌詞

「ありあまる地上の憂鬱と喜び」の歌詞 19

2000/11/29 リリース
作詞
イワセケイゴ
作曲
イワセケイゴ
文字サイズ
よみがな
hidden
さあこのまま なにもかもをなくしていて わらってみた
それぞれにかなしみもおもいやりも「それくらいは」ってながされて
いつか てゆけそう? このさきもっと「もとめるべきの‥」へと
未来みらいかせてみつけて 地図ちずはなくしたけど

今日きょうこごえだすことにもうあきました
だけどそこで おもった

いつか ぼくらにもなく ぼくらにモラル
トビラのそと くるしめてゆく
そこにたった 1つだけでいい
かげをなくして

夕方ゆうがたをいそぐそらにもたよりそうにいろふかめて
しあわせなくただしさの意味いみさえもにごり この世界せかいえられず

ぼくきています それだけって なにまよわずすすんでゆく
邪魔じゃまはしないでいて キズはかくしたけど
ノート はしりきのうえのあとを たどるひと
ひとをそっとつつんで

ときが いずれくれば 片付かたづくのでしょう
せつなさ すぎゆく 昨日きのうより
くちずさむ きみうたを つなぐこえにこめて

いつか つぐなうこと とどかず わり
それでも きっと きつく いだいてゆき
ぼくはまだきてゆけます
もう心配しんぱいしないで。