1. コッツウォルズ歌詞

「コッツウォルズ」の歌詞 19

2002/1/1 リリース
作詞
Keigo Iwase
作曲
Keigo Iwase
文字サイズ
よみがな
hidden
白色しろいろはこなか なになにかある
ふるびたカガミがあり なにもうつらなくなる
まどからのかぜにただ ただおどろいたままの
表情ひょうじょうやわらいでも こころ まだ身構みがまえて
一歩いっぽずつとがって になりまたかって
にとるとひらいて のぞくとぼくがもう一人ひとりいた

かなしそうに「いたくて」とそう
何年なんねんまえかのぼくがそこにいて
だんだんうでせてきて
うしなかう

めてぼくがいて のうまで見透みすかされた
なにをためらいながら 後悔こうかいきてるの?」
まわりは なにいし 自分じぶん自分じぶん
なやむだけ無駄むだまえすすめなくなる」
さからうことによって 意味いみわらいあって
ちかいとおもんだ ゆめにはとおはなれてた

だれぼくおもせないし
そんなあなたはかって かたってるの?
いまおしえて すぐにすぐ すぐにすぐにすぐ

さがせ ずっと
まえからもう なくて
ないのなら しろいキャンパスに沿って
そら にしにしゆめにしにしうえ
ひらいていたまどけてみた過去かこ
まじわる部屋へやなか
なやみながら 一人ひとりじゃまだ きてゆきずらい
にしにしうえにしにしうえ