「太陽は僕らを照らしてた」の歌詞 19

2001/9/27 リリース
作詞
はしもとみゆき
作曲
岡平健治
文字サイズ
よみがな
hidden
はんぱなかぜにあおられて どこまでもけるはずだった
肝心かんじんかなめのそのとき、ガスケツバイクをしていたんだ

しくじったぼくがいて へこんでるきみがいた
地面じめんをけとばし くちぶえいてた
それでもいつものように 太陽たいようぼくらをらしてた

かえらない かえれない 二度にどとかえらないこのとき
このむねにやきつけて えない落書らくがきを
わらってた わらってた きみわらうのがきだった

かれてえるすなけむり ボロぐつはいていかけた
かべについてるあしあとを もっとうえまでつけてみたいんだ

つまづいたぼくがいて ころんでるきみがいた
かわいたこえが のどにからんでた
それでもなにわらず 太陽たいようぼくらをつめてた

もどらない もどれない 二度にどもどらないこのとき
このむねいたくなる えない落書らくがきで
正直しょうじき正直しょうじききみわらうのがきだった

かえらない かえれない 二度にどとかえらないこのとき
このむねにやきつけて えない落書らくがきを
もどらない もどれない 二度にどもどらないこのとき
このむねいたくなる えない落書らくがきで
じて ふりかえる きみ一緒いっしょなのがきだった