1. いつだって...歌詞

「いつだって...」の歌詞 2丁拳銃

1998/8/26 リリース
作詞
源まなぶ
作曲
源まなぶ
文字サイズ
よみがな
hidden
たのしかったときは
あっというだった
出来できればもうすこ
はなしていたかった
かえみちはどうして
せつないんだろう
言葉ことば上手うまつからない
きみぼくもとめるもの
一緒いっしょだったらいいのにな
いつだって いつだって
わらっていたい
木漏こもなか
寝転ねころんでいたい
今日きょうもまたこのみち
口笛吹くちぶえふいて
道草みちくさしながら
かぜかれてこう

がかりをのこして
がかりをして
中途半端ちゅうとはんぱなままで
ぼくらはつぎ
なやごとはどうして
らないんだろう
こたえが上手うまつからない
きみぼくかんじるもの
一緒いっしょだったらいいのにな
いつだって いつだって
しんじていたい
あこがれをずっと
きしめていたい
ぎてゆく毎日まいにち
つまらなくても
道草みちくさしながら
かぜかれてこう

れながら まよいながら
つまずくたびに
しろそら
ねがとどけよう
いつだって いつだって
わらっていたい
木漏こもなか
寝転ねころんでいたい
今日きょうもまたこのみち
口笛吹くちぶえふいて
道草みちくさしながら
かぜかれてこう