1. 上昇気流歌詞

「上昇気流」の歌詞 369

2010/3/24 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくはまるでかごなかとり いつもだれかのてのひらおど
はるとおそらゆめえがいて あたえられるものなかもがいて
ことなどあきらめた かぎられた景色けしきにもれた
つながれたくさりよう明日あしたおもさですべわすれてしまいそう
その時強ときつよかぜいた かぜえない殻破からやぶいた
ずっとおもってた なにちがうと ぼくそら何処どっかにあると
景色けしきなにわっていないのにぼくだけがわっていた
それはほんの一瞬いっしゅん こころかぜこえいた

だれためうそをついているの?」

ぼく羽根はねになって あのそらぼくそばにあった
このまちそらでさえ 何処どこまでもつづいてることったんだ

そのかぜぼくして ぼくはそれにいつこうとして
かごよう部屋へやした 必死ひっし両手りょうてうごかした
一日いちにちがとてもみじかくて まちおもうよりちいさくて
もしかしたら ぼくってたんだ 窮屈きゅうくつ日々ひび自分じぶんえらんだ
なにこわがっていたんだろう?なににこだわっていたんだろう?
何処どこたってぼくしばってるものなどひとつもいのにさ
だれかの所為せいにしてみても結局自分けっきょくじぶん自分じぶん最後さいごには
何時いつかのかぜいついたらきっとこうこたえるよ

ぼくぼくいまきているよ」

ぼく羽根はねになって このそらつかんではなさなかった
じた見開みひらいて 見下みおろせば世界せかいはちっぽけなもんだった

ぼくぼくいまきているよ、きてくよ」

ぼく羽根はねになった どのそらぼくそばにあった
なにえて 何処どこまでもんでけるとおもったんだ