1. 山茶花谷町線歌詞

「山茶花谷町線」の歌詞 3B LAB.☆

2003/7/23 リリース
作詞
岡平健治
作曲
岡平健治
文字サイズ
よみがな
hidden
くっついていても不自然ふしぜんに カッコつければ不自然ふしぜん
自分じぶんいや所見とこみたんだろう こころなかめなかった

じゅう年前ねんまえからきみといたような
きみあそんでいたような
がするのは何故なぜなんだろう?
ましたかおして かんがえてます

きみちかくなる ぼくとおのいてく
山茶花さざんか梅雨つゆになりそらがぐずついてる
このままでいい 本当ほんとうにいいんだろうか?
よくわからずに ぼく便たよりをきます
あやまちをかえすだろうか まよわずきみもと
だれなにおうとかまわない まよわずきみもと

ラララ… ラララ… ラララ… ラララ…

心情しんじょううつくしさにかれ
それはやさしいの反映はんえい をつぶって
おもがれてくるうようになり おもっています

きみうつくしく かがやいているんです
すくなくともぼくには そうえます
やがてくもれ ちらほらと粉雪こなゆき
そう、この一時ひとときも ずっと一緒いっしょにいよう
あやまちをかえすだろうか まよわずきみもと
だれなにおうとかまわない まよわずきみもと

ラララ… ラララ… ラララ… ラララ…
ラララ… ラララ… ラララ… ラララ…
きみちかくなる…