「一期一会」の歌詞 3B LAB.☆S

2006/9/20 リリース
作詞
岡平健治
作曲
岡平健治
文字サイズ
よみがな
hidden
しのびよるかぜかんじています 今日きょう一日穏いちにちおだやかでした
ほどよい気温きおんで やさしいおとぼくをさそう
日常にちじょう無常むじょうながれてきます 大通おおどおりの車達くるまたち
まち空気くうきさえもあきそら

わらずにおもいをせるあなたのこと
とおはなれるきみとどきますように
いつしか手紙てがみいた 嗚呼あああたたかいぬくもりをもう一度いちど

とおはなれる晴天せいてんばす いつまでも一緒いっしょそらした
毎年まいとしおとずれる涙流なみだなが四季しきかぜ なみだをふいて かぜかれて…

たのしかった夏風なつかぜかれて まつりのあとはさみしかったけど
線香花火せんこうはなび三本残さんぼんのこっていたんだ
こんなにひろみどりなかちいさいれていたんだ
とおりすがるひとをかきわけて ちいさなはなひかっていた

あいゆめ臆病おくびょうなんだこれだけはみとめよう
とおはなれるきみとどきますように
時間ときなが寒冷前線過かんれいぜんせんすって いつしかそと春爛漫はるらんまん

そこにあいがあればずっとわらえるんだ そこになにければわってしまう
はなれても はなればなれでも かっていられる
自然体しぜんたいでそんななかでありたいよね

とおはなれる晴天せいてんばす いつまでも一緒いっしょそらした
毎年まいとしおとずれる涙流なみだなが四季しきかぜ なみだをふいて かぜかわかされて

そこにあいがあればずっとわらえるんだ そこになにければわってしまう
はなれても はなればなれでも かっていられる
自然体しぜんたいでそんななかでありたいよね