1. パラメタ歌詞

「パラメタ」の歌詞 40mP,初音ミク

2012/1/18 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ある朝僕あさぼくますと えてなくなってたパラメータ
会社かいしゃのことも 家族かぞくのことも すべてがゼロにもどったみたいだ
ぼくはためいきひとつついて いつものようにテレビをつけて
コーヒーをしょくパンかじり ながれてくニュースをながめていた

ある朝僕あさぼくますと 全部ぜんぶなくなってたパラメータ
彼女かのじょのことも 仲間なかまのことも 最初さいしょからなかったことみたいだ
ぼくはためいきひとつついて いつものようにふく着替きがえて
寝癖ねぐせをとかし 靴紐結くつひもむすながれゆくまちへとあるしたんだ

いかけて いかけて 数字すうじだらけの世界せかい
かえるそのときに はじめてづくこと
ぼくだけにゆるされた 明日あすえら権限けんげんでさえも
もうだれかに支配しはいされていた

頑張がんばってにした数字すうじたちは まさにおどろくほどカンタンに
このからスルリとすりけて 未来みらいへとしたたちてゆく
ぼく形造かたちづくるものは 具体的ぐたいてきかつ抽象的ちゅうしょうてき
数字すうじよわ人間にんげんは ほら、この世界せかいではきてゆけないの

ひとつだけ ひとつだけ このなかのこった
それすらもまもれずに こぼちてしまう
ぼくだけにゆるされた ぼくをやめる権限けんげんでさえも
もうだれかに支配しはいされていた

いかけて いかけて 数字すうじだらけの世界せかい
まるそのときに はじめてづくこと
ぼくだけにゆるされた いまえら権限けんげんでさえも
僕自身ぼくじしん支配しはいされていた

ある朝僕あさぼくますと 全部元通ぜんぶもとどおりのパラメータ
会社かいしゃのことも 家族かぞくのことも たりまえのようにそこにあった
ぼくはためいきひとつついて いつものようにテレビをつけて
コーヒーをしょくパンかじり ながれてくニュースをながめていた