1. 夏恋花火歌詞

「夏恋花火」の歌詞 40mP,初音ミク

2011/7/20 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
つぶされそうなひとごみ
見失みうしないそうで不安ふあんになるけど

足早あしばやあるくあなたの背中せなか
いかけることが精一杯せいいっぱい

キラキラひかそら がる歓声かんせい
ふとれた右手みぎてあつくなってく

夜空よぞらかぶ残像ざんぞうねがいをめた花火はなび
はかなげなそのひかりいのるように見上みあげた
だれにもこえぬこえつぶやいた「えないで」
そっと、あなたとかさねた場所ばしょ宿やどひかり

着慣きなれない浴衣姿ゆかたすがた
つないだままのこの右手みぎて

いつもよりちかいふたりの距離きょり
ずかしくなってうつむいていた

ヒラヒラ はな えてゆく閃光せんこう
とどくようながしてばすけど

ゆめえがいた一瞬いっしゅんらししてよ花火はなび
つないだあなたのその手見失てみうしなわないように
だれにもこえぬこえつぶやいた「えないで」
そっと、ふたりがごす未来みらいそそはなびら

夜空よぞらかぶ残像ざんぞうねがいをめた花火はなび
はかなげなそのひかりいのるように見上みあげた
だれにもこえぬこえつぶやいた「えないで」
ぎゅっと、ほどけそうになったにぎりしめた

あなたがくれた一瞬いっしゅんむねけて花火はなび
けっしてわすれることなどできないようにと
あなたにこえるようにささやいた「はなさないで」
ずっと、かがやつづけるひかり ふたりだけの花火はなび