「純情スカート」の歌詞 40mP,初音ミク

2013/2/20 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ちゆくひと視線しせんを そのからだあつめては
悪戯いたずら微笑ほほえ純情じゅんじょう 紫色むらさきいろかげ

不器用ぶきよう指先ゆびさきえがわりのない物語ものがたり
あやしげなその温度おんどかされてゆくからだ

けっしてかなわぬこいならば
せめてわすれてしまうまえ
そっときみのそのこころ ぼくせてほしくて

きみのスカートのなかかくれた
あまく ほろにが誘惑ゆうわく純情じゅんじょう
だれれることはゆるされない
ぼくだけの純情じゅんじょうスカート

今年ことし流行色りゅうこうしょくめられたこの世界せかい
きみまとったモノクロ それだけが真実しんじつ

らばった言葉ことばあつめて 感情かんじょうさがもとめた
やっとつけたその瞬間しゅんかん きみはもうなくて

いつかまれわるとして
そこで二人ふたり めぐえば
きっとぼくのこのこころ きみささげてしまう

きみのスカートのなかかくれた
もろはかなげで 不確ふたしかな純情じゅんじょう
だれれることはゆるされない
ぼくだけの純情じゅんじょうスカート

いつか二人ふたり えてしまわないように
きみなかにぎられた心臓しんぞう
だれれることはゆるされない
きみだけの純情じゅんじょうスカート

ぼくれることはゆるされない
きみだけの純情じゅんじょうスカート