1. 春に一番近い街歌詞

「春に一番近い街」の歌詞 40mP,GUMI

2012/9/5 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ハロー きみはあのころおな場所ばしょ
いまもまだなやんでますか?
ハロー ぼく相変あいかわらず毎日まいにち
なんとなくごしています

きみきな洋服ようふくきみきなカバンをさげて
きみきな音楽聴おんがくきいて あるいてけばいいよ

きらいなことひとつさがすより きなことを100個見ひゃっこみつけよう
きみらすそのまちのどこかで

やわらかなかぜつつまれながら
サヨナラのかずをかぞえたよ
とどかないそらばしたら
はるざしのなか綺麗きれいはないた

ハロー きみ自分じぶんおも以上いじょう
つよがりでむしだけど
ハロー ぼくきみらないつよさを
だれよりもっているから

ゆきもる季節きせつえて くもうな季節きせつえて
きみらしくいられるスピードで あるいてけばいいよ

きらいなひとのことなげくより きなひとをひとりまもりたい
きみがいないこのまちのどこかで

サヨナラ えなかった
あのぼくはひとり
うごくものその隙間すきまから
のぞひかりまぶしそうにながめてた

かないで」 こえにならないこえ
まぐれなかぜにあずけたよ
うつむいたぼくかげのこして はる電車でんしゃはし

やわらかなかぜつつまれながら
シアワセのかずをかぞえたよ
とどかないそらばしたら
ちいさなはないた

もうすぐきみまち綺麗きれいはなくよ