1. キミボシ歌詞

「キミボシ」の歌詞 40mP

2009/12/2 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
バランスちがいの二人ふたり足音あしおと
とおくにこえてくるふゆおとかさなる
綺麗きれいならんだ影法師かげぼうしふたつ
出会であったはるからすこびたきみ

おないまかちぼく
ちが明日あす夢見ゆめみてしまった
「それでもいい」と微笑ほほえんだ
きみ笑顔えがおせつなすぎて

ほこれるほどなにもできなくて
ただきみそばたい そうねがうだけ
たとえすべて ってしまっても
ぼくらがいまつけたもの
この場所ばしょでずっとひかつづけるから

指先ゆびさき なが温度おんど
きみとひとつになれる ただひとつの瞬間しゅんかん
見慣みなれた街並まちなわれないぼく
ぎた季節きせつなかわすれられていた

ぼくはなばなれの世界せかい
たがいをったりをしていた
あのほしとどまで
どれだけおもいをかさねるんだろう

あふれるほどきみいとしくて
夜明よあまえほしたちにねがいをめた
やがてすべて ってしまうけど
最後さいごにひとつのこったもの
かすかなひかり ぼくらがつけたこた