「フタリボシ」の歌詞 40mP

2010/7/7 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
満天まんてんほしたちがぼくを まるで祝福しゅくふくするみたいに
またたいているよ

満点まんてんこたえなんて きっとつけられないけれど
それでいいっておもえる

あの場所ばしょ見上みあげた夜空よぞら ぼくらがちかった言葉ことば
きみわらぼくわらう それだけでしあわ

ねむれぬよるこいをして いますぐきみいにこう
指先ゆびさきつな星屑ほしくず えがゆめ
かたちのないひかりでも きみおもうほどにつよ
見上みあげればあの日見ひみつけた 二人星ふたりぼし かがや

何回なんかい何千回なんぜんかいでも きっと言葉ことばにできなくて
んでしまう

何回なんかい何万回なんまんかいでも そっときみおもうココロは
つたえきれないんだ

あのほしきみだとしたら ぼくはそのとなりほし
きみ名前なまえ ぼく名前なまえ あのほしかさねて

ねむれぬよるはいつだって だれよりきみいたくて
「もうすこし、もうすこしだけそばにいさせて」
きみこぼしたなみだ夜空よぞらほしえてみせる
むしきみ横顔よこがお ながぼし ながれる

ねむれぬよるして いますぐきみいにこう
くらがりでふるえるそらしながら
かたちのないひかりでも きみおもうほどにつよ
見上みあげればあの日見ひみつけた 二人星ふたりぼし かがや

いつまでも 二人ふたり