1. ブランコ歌詞

「ブランコ」の歌詞 7!!

2013/3/6 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
公園こうえんではしゃぐ子供こどもてる きみやさしい眼差まなざ
わたしはそののパパの姿すがたきみかさねてている

こんな何気なにげない日常にちじょうごして やがてとしとっておたがいのかおわら
そんな2人ふたり未来みらい姿すがた想像そうぞうしていたんだよ

二人並ふたりならんですわる ブランコはれる しあわせな時間じかんぎていく
れたそら あたらしい季節きせつきみとまたあるいてゆく

やわらかい春風はるかぜがかすめると あまはなかおりに気付きづかされる
きみ昨日見きのうみ映画えいがはなしたのしそうにつづける

こんなおだやかな日常にちじょうなかきみせる表情ひょうじょうそのひとつひとつを
出来できるだけ見落みおとさないようわすれたりなんてしないように

二人並ふたりならんであるかえみちたりまえようをつないでる
あたたかなきみのそのはなしたくないとおもった

うつりゆく季節きせつは、すこしづつなにかをえてゆくのでしょう
あれから月日つきひながれて おな道歩みちある2人ふたり歩幅ほはばはいつからずれてしまったの?

きみえなくなって ときぎても わらないものがここにあって
アパートのうしろのちいさな公園こうえん いつかのきみ横切よこぎ

二人並ふたりならんですわる ブランコはれる しあわせな時間じかんゆめなか
れたそら あたらしい季節きせついま一人歩ひとりあるいている
あるいてく並ぶ