「こわくない」の歌詞 72

2009/12/9 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
自分じぶんでつくってしまった ちっぽけな 箱庭はこにわの そこから
おしこめたこころそらいっぱいにひろげていいきかせた

こわくない ひとりじゃない こわくない ひとりじゃない こわくない

まばたきするあいだに かたちをかえるくも
またひとり 今日きょうもおいてけぼりだなぁ
つよかぜにふかれていったいどこへゆくのだろう
つぼみのはなが はじめてそらった
その そらきだしたんだ ぼくのかわりに

わかりきってるとおもった きゅうくつで灰色はいいろ日々ひびから
とじこめたこころそらいっぱいにひろげておもいだした

わかって かわって おわって また
わかって かわって

街中まちじゅうあふれてる ぬけがらかぞえるよ
またひとつ ゆめがおいてけぼりだなぁ
つよいフリとあきらめおぼえるために あるくんじゃない
つぼみのままで いちどもそららずに
あのはなれていたのは ぼくのかわりに

こわくない ひとりじゃない こわくない ひとりじゃない こわくない

間違まちがいだとしてもいい こころがかれないよう
またひとり いつも きずつきやすいままでも
かぜにふかれて いきたい場所ばしょへあるいてゆこう
つぼみのはなが はじめてそらった
その そらきだしたんだ あののぼくとおなじに