「Supernova」の歌詞 9mm Parabellum Bullet

2008/5/21 リリース
作詞
菅原卓郎
作曲
滝善充
文字サイズ
よみがな
hidden
十万度じゅうまんど太陽たいようきしめたとき
砂漠さばくになったぼくあたま
けるかぜやされるたび
なみだあめ水滴すいてきがきらめいた

指先ゆびさきれるだけ

だれむねおとてず粉々こなごなになるだろう
その欠片かけららばっても あつめたりしないで
満月まんげつこうになにていたの?
くだけたほしうみ

十万度じゅうまんど体温たいおんきしめてくれた
あののことをたすけたいなら

指先ゆびさきれるだけ
きずあとをひらくだけ

なにもかもをらしして粉々こなごなになっても
かがやくためやしたもの わすれたりしないで

満月まんげつこうのやみていたの?
くだけたほしうみ

だれむねおとてず粉々こなごなになるだろう
その欠片かけららばっても あつめたりしないで
満月まんげつこうで 満月まんげつこうで
満月まんげつこうでかみていたの?

くだけたほしうみ
ながぼし最期さいご