1. 恋に落ちたボディガード歌詞

「恋に落ちたボディガード」の歌詞 A.B.C-Z

2013/7/10 リリース
作詞
樫野 心
作曲
林田健司
文字サイズ
よみがな
hidden
フォルティシモ の雨降あめふ
役不足やくぶそくワイパー
苛立いらだちだけ アクセルのせ
ける摩天楼まてんろう ドライブ

電話越でんわごきみこえ
「おねがないで」と
やつらのわな そんなのわかってる
でもかなきゃ

最初さいしょ仕事しごとだと ってたけど
おな時間じかん かさねて いつしか こいちていた

きみなしじゃもう きていけないよ
この命引いのちひえでも まもるから きみだけのボディガード
きみなしじゃもう きる意味いみないよ
このいのちをかけてでも まもるから と約束やくそくしたあの
後悔こうかいなんてない しあわせだったよ
ありきたりだった毎日まいにち えてくれた

地下室ちかしつとらわれた
きみたす
はなった とびらこう
わらかげっていた

ひび銃声じゅうせい 無我夢中むがむちゅう
身体からだした
むねはしいたみなど無視むしして
引鉄ひきがねひく

きみうでかれ ふるえる 身体からだ
ほほらす ぬくもり かないで わらっておくれよ

あいなんて言葉ことばじゃ れないけど
不器用ぶきようおれだからさ ゆるしてよ きみあいしてるよ
約束やくそくはもう まもれないけど
あのそらほしになって 見守みまもっているよ きみをいつまでも
後悔こうかいなんてない 自分じぶんめないで
モノクロ だった毎日まいにちえてくれた

You're my everything without you nothing
ほほらす ぬくもり かないで わらっておくれよ

きみなしじゃもう きていけないよ
この命引いのちひえでも まもるから きみだけのボディガード
きみなしじゃもう きる意味いみないよ
このいのちをかけてでも まもるから と約束やくそくしたあの
後悔こうかい なんてない しあわせだったよ
ありきたりだった毎日まいにち えてくれた