1. 愛を込めて歌詞

「愛を込めて」の歌詞 A.F.R.O

2014/4/30 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
けいはりうごした
まじわるしゅんかん つないだ
まよいやかげりなどもうないさ
ようだけれど
あいめて

おもとおくどこまでもほら
かないひょうじょうつづそら
やるせないことれんぞくいやがさす
げやりなぼく
ただがむしゃらにがんってんのに
上手うまかないことばかり「もういい。」
つらいだけのじんせいなんて…。」
つぶやいてはまた一人ひとり
うことからげてばかりで
くるしみのなか もがいていて
なさけないぶんきら

それでもどこかしんじてる
きみわらえるとき
こうかいするそのまえ
はだかにしたおもいをつたえよう

まりかけた時間ときうごいた
プライドや見栄みえさえてた
えたよろこびを しあわせを
じらいもなくさけつづける
かげりはなくきみつめ
まよいはなくきみとど
いまならこころからえそうだ
ようだけれど
あいめて

もらったやさしさから
あふしたドレミファソラララ
なにかしてあげたいとおもちを
あいぶのならば
うたおう あいこころとどくまで
ぜんしんぜんれいそそぐだけ
このこえれたって
これしかやっぱないんだって

「いつか」ってことあいまい
まだたされてないぶんさいだいげん
がむしゃらにやってたら
ぜん使つかえるとおもってたんだ
でも発展はってんじょういたときうごどう
いまやれることせいいっぱい
ぜんりょくことせいかいかな?

こたえはきっとここにある
きみわらえたとき
とおくはないこのきょ
はだかにしたおもいをつたえよう

まりかけた時間ときうごいた
プライドやさえてた
えたよろこびを しあわせを
じらいもなくさけつづける
かげりはなくきみつめ
まよいはなくきみとど
いまならこころからえそうだ
ようだけれど
あい

とおまわりだとわれたって
たとだとわれたって
きみがいることつよくなれた
このおもいよ とど

これまでのみちかえ
けっしてみじかくないさいげつ
ことひとつもなかったと
むねってえるぼくがいる
きみがくれたしょうあい
かえしていくんだ
つたわるまでさけつづけてく
ようだけれど
あいめて

けいはりうごした