「ココア」の歌詞 AAA

2017/2/22 リリース
作詞
沢口千恵
作曲
葛谷葉子
文字サイズ
よみがな
hidden
木洩こもれた日々ひび
こいいたみがえないの、なぜ?
わすれたはずのこえ
かぜにおいもこころあふれる

きみのいないわたし
わたしのいないきみ
らないかおわらったり、するのに

とおくをみてる横顔よこがお
ミルクをココアにかす仕草しぐさ
わらなくってこいとげがチクリさる
さよならをめたその
いつもよりそらあおくみえた
なみだこらえて
あいしかたをえらんだ
あいはちょっとまぶしかった

あたらしいこいにおちて
きみわすれて夢中むちゅうになっても
雨音響あまおとひびまち改札口かいさつぐち背中探せなかさがした

あのみつめたきみ
記憶きおくのピースつなぎ
木漏こもれたあの場所ばしょで、いたい

あんなにきざんだ記憶きおく
あたらしい日々ひびにめくられてく
わすれたくなくて
つよくとげきしめても
さよならとそっととなえて
もういちどきみるなら
ちゃんといつまでも
あいむねまれた
あいまもってくれるかな

はじめてきしめられた
きみの肩越かたごしに
永遠えいえんをとめるようにらいでいた
やさしい、木洩こも

とおくをみてる横顔よこがお
ミルクをココアにかす仕草しぐさ
わらなくってこいとげがチクリさる
さよならをめたあの
なつかしいそらとおくみえる
なみだこらえて
あいしたことわかった
あいはちょっとまぶしかった