「夢ノカケラ」の歌詞 AAA

2006/9/13 リリース
作詞
井上勝人
作曲
橘井健一
文字サイズ
よみがな
hidden
らないモノとまもるモノ 区別くべつがつかなくなっていたよ
未来みらい 希望きぼう 不安ふあん 自由じゆう なに必要ひつようなんだろ?
溜息ためいきくも雑踏ざっとうなかふか迷路めいろまよんだかげ
半端はんぱになる ゆめのカケラ 夕日ゆうひまる がる
なさけない声上こえあえがいた理想りそうあいだ
さけんでみても もがいてみても だれにもとどかなくて

まぶしい未来みらいなんて容易たやすはいるとおもってたのに

さびしさとすれちがたび なみだ明日あすにじんでゆく
存在そんざいまるごと否定ひていするかのように
僕等ぼくら何処どこかえばいい?すこしでもすすめているのかな?
だれこえかせてしい

あさねむりについたころ少年しょうねんぼくはなしかける
たなくてもいいんだよ」「けなくてもいいんだよ」って
目覚めざましのあらたたな未来みらいび またちが景色与けしきあたえてくれるから

あのころ自分じぶんおおきくけないでくよ

ゆめいかけした少年しょうねん大人おとなになり
手放てばなしたカケラはかぞれないけれど
のぞんでてごらんよ むねなかめているこえあい
けっしてえないからね

いまぼくでさえほこらしげにおも
まえにそびえつそのハードルずっとえてくよ

ゆめいかけした少年しょうねん大人おとなになり
手放てばなしたカケラはかぞれないけれど
のぞんでてごらんよ むねなかめているこえあい
けっしてえないからね

何年先なんねんさきになったって余計よけい心配しんぱいしなくったって
僕等ぼくらにはわらないモノが心深こころふかくにある
ひとまれいずれかはすべてをつちかえ運命うんめい
だからもっと だからもっとかがやけるしんじて