「花火」の歌詞 AAA

2007/7/18 リリース
作詞
川原京
作曲
小西貴雄
文字サイズ
よみがな
hidden
はなびらがうよに およ金魚きんぎょをせがんだ
二人ふたりなついとしむよう

今年ことしもまたおな風薫かぜかお季節とき めぐって
おもつまず夜道よみち

おおきな背中せなかを ただ けていた
無傷むきずわりがることを どこかでってた

れる花火はなび はらりはらり 瞳閉ひとみとじて いま はらはら
おもうつす あなたの横顔よこがお かび のぞむは なつあかつき

がた雨音あまおと 琥珀色こはくいろさみしさ
あなたのまちれてますか?

沢山たくさんやさしさ とおぎた景色けしき
かえ勇気ゆうきはなくて

りにしたまま 日焼ひやけしたおも
おだやかにしず太陽たいようすべてをつつんだ

わらうあなた はしゃいだも いつか全部ぜんぶ えてゆくの?
ゆう名残なご見送みおくりながら 今夜こんや つきらし ひび風鈴ふうりん

れる花火はなび はらりはらり 瞳閉ひとみとじて いま はらはら
おもうつす あなたの横顔よこがお かび のぞむは 彼方かなた

とお水面みなも きらりきらり いのるように をかざした
よるにもたれ そっと見上みあげた そらがるよ ちいさなほたる