「夏の余韻」の歌詞 ACIDMAN

2005/12/7 リリース
作詞
大木伸夫
作曲
ACIDMAN
文字サイズ
よみがな
hidden
いつのにかわすれていた なつうみまぶぎて
かえれば くずれそうで ばせばこぼれそうで

桐一葉きりひとはちるおとに カゲロウもみみませば
けてゆくもりなかおもいが又一またひとともった

月明つきあかりせてのぼさき
いまでもとおひび
祭囃子まつりばやしはらせんをえがいて
つぎあさへそっとえた

いつのころいかけていた てるほしいかけていた
かえればもどれそうで ばせばとどきそうで

きりおくかえらぬ場所ばしょ 又全またすべてがはじまってゆく

さがしていたのは貴方あなたこえ えがいていたのは貴方あなたため
しずかにひらいた世界せかいさきおもいが此処ここ又一またひとともった

月明つきあかりせてのぼさき
いまでもとおひび
祭囃子まつりばやしはらせんをえがいて
つぎあさへそっとえた

なつわりのいくつもの余韻追よいんおいかけてゆくほど
祭囃子まつりばやしはらせんをえがいて
つぎあさへそっと

月明つきあかりせてのぼさき
いまでもとおとおひび