「OVER」の歌詞 ACIDMAN

2009/7/29 リリース
作詞
大木伸夫
作曲
ACIDMAN
文字サイズ
よみがな
hidden
嗚呼ああ透明とうめいなカケラをいかけてゆくように
いつだってわらっていた
未来みらいおもえがいていた
見上みあげた夜空よぞらちかって

日々ひびなか
出会であいとわかれをかえ

いくつもつみかぞえて
それでもゆめもとめて

またたきの日々ひびとおぎゆくとき足音あしおと
気付きづかないりをしていた
それでも このほしときげた

はなれたこころがまたひとつになるように
太陽たいよう最後さいごすべてをかすだろう

そうやってざりえれば かなしみのうたえてゆくのだろう
そうやってひとつになれば ちいさなうたたされるのだろう

ときぎ まためぐ星達ほしたちかがやいて
ぼくらは いつまでも
見上みあげた夜空よぞらちかった

嗚呼ああ透明とうめいなカケラをいかけてゆくように
いつだってわらっていた
未来みらいおもえがいていた
見上みあげた夜空よぞらちかって

かえ日々ひびなかだれもが傷跡隠きずあとかくして
とき心隠こころかくして 一人ひとりいたよるがあって

じて こころおくちいさな、ちいさなうたつけて
そうやってひとかなしみを一歩いっぽずつえてくのだろう

嗚呼ああ透明とうめいなカケラをいかけてゆくように
いつだってわらっていた
未来みらいおもえがいていた
見上みあげた夜空よぞらちかって

だれもが一人ひとり見上みあげたそらはきっと きっと きっと
だれもがこころえがいたそらはきっと きっと きっと

たったひとつをくして
にしたものは なんだろう?
たったひとつのこころ
りないものは なんだろう?

夜空よぞらかんだちいさなカケラは
とおくまで日々ひびらすひかりになった

嗚呼ああ透明とうめいなカケラをいかけてゆくように
いつだってわらっていた
未来みらいおもえがいていた
見上みあげた夜空よぞらちかって

嗚呼ああとき最後さいご また出会であえるように
いつだってわらっていた
未来みらいおもえがいていた
見上みあげた夜空よぞらちかって