「とびら」の歌詞 AJISAI

2007/8/1 リリース
作詞
松本俊
作曲
松本俊
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとつだけ ひとつだけねがいがかなうなら
古惚ふるぼけたアルバムのようにおも
どうか色褪いろあせないでと つよねがった

ともともあるごしたこのまち
明日あす朝私あさわたしはここから旅立たびだ
はじまりはいつだって一人ひとりでした

おさなころはいつも道草みちくさばかりしてたのに
あのころくらべてわたし臆病おくびょうになってた

夕暮ゆうぐれれがまちあかめて
影踏かげふかえわたしたちは 今日きょうわりをるのでした
それは綺麗きれいかなしいいろ

きたくて げたくて そんな過去かこでさえ
いつの大切たいせつおもわる
いまはただそうしんじてじた

出会であいのかずだけわかれがあるからこそきっと
ひとひとおもやさしくなれるのでしょう

どこまでもつづ坂道さかみち
のぼりきったらどんな景色けしきが そこにあるのかからないけど
たしかめながらわたしある

茜色あかねいろそらつづわたどり
意味いみもなくらばって 何処どこくの? なにさがして

夕暮ゆうぐれがまちあかめて
影踏かげふかえわたしたちは 今日きょうわりをるのでした
夕日ゆうひがそっと背中せなかすから

またうための約束やくそくをしよう
それを「さようなら」とひとぶのでしょう
だからもうわたしかずに 明日あすつづとびらたた