「1994年の雷鳴」の歌詞 AKB48チームサプライズ

2013/1/16 リリース
作詞
秋元康
作曲
すみだしんや
文字サイズ
よみがな
hidden
あのそらひかってた
時折ときおり まばたきするように
すこおくれて雷鳴らいめい そばでひびいた

校舎こうしゃかべ身体からだせて
ぼくらは雲行くもゆきをあんじた
かぜじって ほほ雨粒あまつぶ
かえれないね」ってきみった

シャツがあせばんで
息苦いきぐるしくなる
たしかにこいだった

2人ふたりわかさは不器用ぶきよう
つめうことさえできなくて
おな空気くうきうのがせいいっぱいだった

むねおくのその片隅かたすみ
づかれないようにかくしてた
イタセクスアリスとは片想かたおも

どしゃぶりのあめ なすすべもなく
ぬかるむ地面じめんていた
灰色はいいろそら こも稲妻いなづま
きみ横顔よこがお らしていた

なにはなせばいい?
無口むくちわだち
こころつづいてる

2人ふたりわかさは不器用ぶきよう
つめうことさえできなくて
おな空気くうきうのがせいいっぱいだった

ぼくはそっとみみふさいで
大人おとな足音あしおと 拒否きょひしたんだ
せないなにかにいじけてた

あのそらひかってた
時折ときおり まばたきするように
すこおくれて雷鳴らいめい そばでひびいた
まるでかみゆびされて
えないいとしさにおびえてた
おもすのもせつない1994年ナインティーンナインティーフォー