1. さくらんぼと孤独歌詞

「さくらんぼと孤独」の歌詞 AKB48

2012/8/15 リリース
作詞
秋元康
作曲
西村華
文字サイズ
よみがな
hidden
さくらんぼ べたい
そのタネをばして…

このレッスンじょう(片隅かたすみ)
彼女かのじょはポツンと(しゃがんで)
からかみコップ
って
やすんでいたよ

まえすすめずに(つかれて)
イライラしながら(だまって)
こうであるべき自分じぶん
たたかっていたんだ

かねただれかが
さくらんぼのはこ
彼女かのじょまえ
そっと
再開さいかい っていた

ゆめるだけなら
いくらでも
られるけど
ちゃんと
かなえようなんて
おもったら大変たいへん
ゆめるだけなら
やさしくも
なれるでしょう
ピリピリとりつめた
空気吸くうきす
びるための
さか途中とちゅう

さくらんぼ ひとつ(り)
さくらんぼ ふたつ(べたね)
タネをす その仕草しぐさ
カッコよかった

うたとかダンスとか
納得なっとくできずに
彼女かのじょ一人ひとり
ストイックに
まわりをけない

ゆめ見続みつづけたい
あきらめれば
らくになれる
だけど
今以上いまいじょう もっと
なにをすればいい?
ゆめ見続みつづけたい
あのから
めてたこと
不機嫌ふきげんえたって
もう かまわない
ってるのは
自分自身じぶんじしん

Lonely girl
あのひと
Lonely girl
あこがれた
生温なまぬるみず
拒否きょひして
した
孤独こどく背中せなか

ゆめるだけなら
いくらでも
られるけど
ちゃんと
かなえようなんて
おもったら大変たいへん
ゆめるだけなら
やさしくも
なれるでしょう
ピリピリとりつめた
空気吸くうきす
びるための
さか途中とちゅう

ってるのは
自分自身じぶんじしん