「プラスティックの唇」の歌詞 AKB48

2012/8/15 リリース
作詞
秋元康
作曲
津波幸平
文字サイズ
よみがな
hidden
本気ほんきこいしたら
つかれるだけよ
馬鹿馬鹿ばかばかしい
そう 感情かんじょうまかせると
目隠めかくしされて
こころ どこか ぶつける

きてないはな
れることなく
ずっと そこにいていられる
わるむしかない
永遠えいえんれた

プラスティックのくちびる
あなたにしましょう
いとしさは低体温ていたいおん ん ん ん ん ん ん ん
なにかちょっとちがうような感触かんしょく それもいいでしょう?
ルージュとかイメージして て て て て て て て

未来的みらいてきあいかた
衛生的えいせいてき接触方法せっしょくほうほう
ウイルスもうつらない
気持きもちもプロテクト 一切いっさい
理想的りそうてきあいされかた
遮断しゃだんされたDNA
わたしはここにいない
あたまなか バーチャルリップ

どこかでらなきゃ
後引あとひくだけ
面倒めんどうくさい
ほら はじめから本能ほんのう
しんじなければ
かなしむこともないのよ

ながれないみつ
うごかないまま
あまかおあたりにちる
れてみてもベトつかない
たがいのその関係かんけい

プラスティックのくちびる
わたしれましょう
無機質むきしつ性感帯せいかんたい い い い い い い い
だって もっとやさしくしてあげたい そう それはだめじゃない
まえのマネキンたち ち ち ち ち ち ち ち

破滅的はめつてきわかかた
躁鬱的そううつてき最終手段さいしゅうしゅだん
やさしさが負荷ふかになる
すべてがプログラム バグかな
不変的ふへんてき正解せいかい
現実的げんじつてき片想かたおも
あなたはここにいない
とお場所ばしょに リアルリップ

プラスティックのくちびる
あなたにしましょう
いとしさは低体温ていたいおん ん ん ん ん ん ん ん
なにかちょっとちがうような感触かんしょく
それもいいでしょう?
ルージュとかイメージして て て て て て て て